Liquor Shop NIGHT OWL OFFICIAL BLOG!

恵比寿駅より徒歩1分!『グラウラー-GROWLER-』『クラウラー-CROWLER-』での量り売りメインな隠れすぎ酒屋の最新情報をお届け☆

WINE

ナイトオウル待望の新蜂蜜酒☆ハチミツ4種×ワイン&清酒酵母=新感覚現代派【ミード】『WICKER WAY MEAD Pathfinder』

【Today`s Topic!】 ナイトオウル初登場ミードブランド!.福島の日本酒蔵元・峰の雪酒造で委託ではなく設備を借りて実際に本人が醸造する蜂蜜酒ブランド『ウィキッドウェイミード』 新作となる種の国産蜂蜜と2種の酵母をブレンドした現代派ミード 『パスファ…

TAP⑥開栓:サーバーからの白ワインは如何?ニュージーランドの樽生白ワイン 『ALLAN SCOTT Scott Base Sauvignon Blanc 2014』

【Today`s Topics!】 キーケグ詰め・樽生ワイン、新規銘柄開栓♪ ニュージーランド・マールボロを代表するワイナリー 『アラン・スコット』より 夏こそ呑みたい!爽快感ある白ワイン【ソーヴィニヨンブラン】が登場! トロピカルな味わいとキリっとした酸味が…

TAP②開栓:一年ぶりの登場!桃&杏使用+白ワイン樽熟成【ベルジャントリペル】『HARDY WOOD PARK Cuvée Peach ~BELGIAN TRIPEL BA:WHITE WINE with PEACH&APRICOT』

【Today`s Topics!】 2011年創業 アメリカ・ヴァージニア州リッチモンドのブルワリー 『HARDY WOOD PARK』より ナイトオウルでも人気! 現地のみならず全米でも高評価の樽熟成シリーズが約一年ぶりに登場! フルーツ使用のベルジャントリプルを、白ワイン樽…

片手で開閉できるスタイリッシュなグラウラーに新カラー&新モデル登場☆『REVOMAX version2 12oz SLIM (400ml)』

【Today`s Topic!】 ワンタッチで開閉できる特殊機構蓋が特徴的な真空断熱構造耐圧容器《REVO MAX2》12oz(実容量:400ml)に新カラー&新モデル登場! ラインアップは ・ベビーピンク・スカイブルー・ソフトミント・マットホワイト ↑どれもが日本初登場となるパ…

【NIGHT OWLのグラウラー解説】FLSK-フラスク-編

【Today's Topics!】 日本一のグラウラー取扱実績を誇るNIGHT OWLが各ブランドを解説! 第3弾はクラウドファンディングを経て2018より輸入開始! 2013年創業ドイツ・ミュンヘン『FLSK-フラスク-』 創業者が友人より贈られた『断熱容器入りビール』が二日間も…

TAP⑤開栓:仏・ノルマンディーを代表するファミリーメーカーによるフラッグシップ【シードル】『DUPONT Cidre Bouche2016』

【Today`s Topics!】 フランス・ノルマンディーの伝統的なカルヴァドス&シードルの老舗メーカー 『デュポン』よりフラッグシップが久しぶりに登場♪ 80%は果実味と渋み、20%は酸味主体という3種類のリンゴを使用 定番で有りながら熟成により凝縮された…

耐圧&保冷保温機能◎ オシャレな【パーフェクト・ボトル】新色&新サイズをひっさげ待望の再入荷☆『FLSK 350ml、500ml』

【Today`s Topics!】 ドイツ発! スタイリッシュで普段使いも出来る真空断熱構造の耐圧容器《FLSK-フラスク-》がモデルチェンジ! 保温18時間、保冷24時間 日本の『まほう瓶』規格認定取得済み 完売で暫く品切れをしておりました高品質な耐圧水筒が 新カラー…

TAP②開栓:白ブドウ使用!新感覚【アメリカン・ペールエール】『Y.MARKET Izutsu grape field 〜FRUIT AMERICAN PALE ALE with NIAGARA GRAPE〜』

【Today's Topics!】 2014年創業、名古屋柳橋市場のブルワリー『ワイマーケット・ブリューイング』の 新作はワイナリーの白ブドウを使用した新感覚のペールエール 『イヅツグレープ・フィールド』を限定開栓! 長野県・信州桔梗ヶ原のワイナリー『井筒ワイン…

≪前編≫夏前に知っておきたい!【量り売り専門店】が教える『グラウラーでのビール量り売りの注意点』

【Today's Topics!】 限定付き小売免許の交付がスタートし早二ヶ月 このタイミングにグラウラー・デビューされた方や サーバーからを含む、量り売り対応をするお店も増えてきました 今後起こりうるであろう『コロナウイルス第二派到来』や 気温の上がる『夏…

小規模酒販店の現状~限定付き小売免許がもたらしたモノとこれから~

【Today`s Topics!】 限定付き小売免許の交付がスタートし2ヶ月弱 未開封のボトルor缶、そしてサーバーからの樽生商材を含めた 量り売りを行う飲食店を町場で見かけることも多くなってきました 今回の臨時免許について簡単におさらいをしますと ・飲食店が申…

可愛いフクロウがトレードマーク♪バランス◎な【フレンチ・シードル】『FRANCE CIDER EXPORT La Chouette Cidre,Cidre Rose』

【Today`s Topics!】 フランス・ノルマンディーの輸出専門のシードル・メーカー 『FRANCE CIDER EXPORT』 砂糖&香料、添加物不使用! 濃縮還元果汁ではなく 100%ノルマンディー産のシードル用天然林檎果汁を醸す ナチュラルなフレンチ・シードル 『ラ・シ…

TAP⑥開栓:樽生赤ワイン新ビンテージ日本初登場!飲み口も軽やかなNZ【ピノ・ノワール】『ALLAN SCOTT Scott base Pinot Noir2018』

【Today`s Topics!】 『ピノグリ』『ソーヴィニヨン・ブラン』と白が続いていた キーケグ・ワイン枠:TAP⑥に赤ワインが帰ってきた! NIGHT OWL取り扱いビール『モア』の父親としてお馴染み マールボロを代表するワイナリー『アラン・スコット』より セントラ…

【NIGHT OWLのグラウラー解説】DRINK TANKS-ドリンクタンク-編

【Today's Topics!】 日本一のグラウラー取扱実績を誇るNIGHT OWLが各ブランドを解説!第一弾は2017より輸入開始!2013年創業アメリカ・オレゴン州ポートランド『DRINK TANKS』 『真空断熱構造』がスタンダードになりつつあったグラウラー業界へ 『サーバー…

TAP⑤開栓:シーンを選ばないミディアムドライの【アップルサイダー】『HAWKES Urban Orchard』

【Today's Topics!】 サイダー界の救世主を自負するイングランドのサイダーブランド『HAWKS』 こちら『Urban Orchard』はフラッグシップで、 最初のバッチはリンゴを提供してくれたリンゴ農家さんにプレゼントしたそう ロンドンで栽培された数種類の品種のリ…

TAP②開栓:東京ワイナリーの葡萄の絞り粕使用【ワインエール】『十条すいけんブルワリー 東京ワインエール ~スチューベン.ver~』

【Today`s Topic!】 2014年創業、東京都北区十条のブリューパブ 『十条すいけんブルワリー』より 練馬区大泉学園『東京ワイナリー』の葡萄搾りかすを使用した 『東京ワインエール』NIGHT OWL初登場! 今回使用のブドウはニューヨーク原産 『スチューベン…

ビール量り売りにちょうど酔い1Lサイズ♪ シアトルの醸造所オリジナル【ガラス製グラウラー】『SCHOONER EXACT 32oz. Glass Growler』

【Today`s Topics!】 アメリカ・シアトルの醸造所『スクーナー・エグザクト』よりスイングトップ式を採用、機械栓1Lサイズのグラウラーが新入荷! 材質は近年日本では輸入品を見かけなくなった『ガラス製』のブルワリーモデル♪ .ガラスなので勿論保冷保温は…

久しぶりの新メーカー品登場!量り売りビールを冷やせるシングルタイプ【ステンレス・グラウラー】『THERMO STEEL 64oz. Beer Growler』

【Today`s Topics!】 NIGHT OWL初登場! アメリカの容器メーカー『THERMO STEEL』より 近年では見かけることも少なくなった 『シングルタイプ』のステンレスグラウラーが新入荷♪ . 以前より海外ブルワリーで見かける事もあった同商品 蓋はヨーロッパ特許規格…

【NIGHT OWLのグラウラー解説】ガラス製GROWLERのメリット&デメリット

【Today's Topics!】 日本一のGROWLER取扱実績を誇るNIGHT OWLがグラウラーの違いを解説! 今回は『ガラス製グラウラー』についてのお話 数年前と比べ輸入は格段に減りましたが 各ブルワリー等で長年主流として使用、未だ根強い人気を誇る材質『ガラス』 ナ…

TAP⑤開栓:NIGHT OWL初登場!平塚ブリューパブの【ホップ・シードル】『YGGDRASIL Idun 林檎の神様 〜APPLE CIDER with HOP~』

【Today`s Topics!】 2018年創業、神奈川県平塚市のブリューパブ 『YGGDRASIL BREWING』 大のヘビーメタル好きなフランス人のオーナーとブルワーが運営 『ビール造りを通してヘビメタを盛り上げて行きたい』 信念のもとビール造りをしている彼らのNIGHT OWL…

グラウラーでのクラフトビール量り売り!酒販免許の現状『期限付小売免許交付』前夜

【Today's Topics!】 『期限付小売免許』 先日報道がありました 6月末までの申請で飲食店に対し最長六ヶ月となる『期間限定酒販免許』の付与がされます まだ国税局から各税務署へ向けての正式通達が下りておらず デリバリーや配達、量り売りへの解釈も異なる…

ホワイトデーのお返しに◎フルーツの果肉&果汁をふんだんに使用【ワインカクテル】『CANELLA Bellini、Rossini』

【Today's Topics!】 イタリアの老舗ワイナリーでありスプマンテメーカー「カネッラ」 土着であり代表的な葡萄であるプロセッコとヴェルドゥッツォを使用したスパークリングワインに 北イタリア・ハンガリー産の苺「センガ・センガーナ種」を、青いもの・傷…

夢のMYサーバーを貴方に!樽へ直接取り付ける空気式サーバー『KEY KEG Party pump』

【Today's Topics!】 『鮮度の落ちない醤油』のようなバッグインボックス形式の樽でお馴染み オランダ・キーケグ社による樽規格『キーケグ』社による 樽に直接取り付けるポンプ式のサーバーが登場です! 飲料の入った樽を冷やしてもらう必要はありますが、空…

キーケグカプラーとセットで◎国内一般&アメリカ規格洗浄樽で使用可能になるアダプター!『KEY KEGカプラー&洗浄樽変換器』

【Today's Topics!】 前回登場時より、未だ問い合わせ多数! 『鮮度の落ちない醤油』のようなバッグインボックス形式の樽でお馴染み オランダ・キーケグ社による樽規格『キーケグ』の 樽とサーバーをつなぐコネクター【カプラー】 と そのキーケグのカプラー…

TAP⑤開栓:有機栽培リンゴのみで醸造の【オーガニック・シードル】『DUPONT Cidre Biologique』

【Today`s Topic!】 フランス・ノルマンディー『デュポン』 家族経営で3代に渡り≪シードル≫と≪カルヴァドス≫を生産 『ワインと同様に手間を掛ければ、同様の品質を持ったシードルを造る事が出来る』 をモットーに作り続ける彼らより 有機栽培のリンゴのみを…

TAP⑥開栓:サーバーからのワインは如何?ニュージーランドの樽生【白ワイン】『ALLAN SCOTT Scott base Pinot Gris 2014』

【Today's Topics!】 NIGHT OWLではサーバーからの樽生量り売りはクラフトビールだけじゃない! ・シードル ・コンブチャ ・ワイン ↑を樽生でもご用意♪ 今回はそんなワインから新銘柄が開栓! ニュージーランド・マールボロのファミリーワイナリー 『アラン…

樽熟成×自然発酵×ハイアルコール!フランスの限定ビール6種!『DU PAYS FLAMAND Wild Leeuu』

【Today's Topics!】 『アノステーケ』で知られるフランスのブルワリー 『ドゥ・ペイ・フラマンド』 高アルコール自然発酵樽熟成のスペシャルレンジ 『ヴィルドゥ・ルゥー』より6銘柄限定登場! ・ブレット・ブロンド エール ソーテルヌ樽熟成 ・ブロンド・…

TAP⑤開栓:クラフトビールメーカーの醸す【リンゴ酒】『HAWKES Urban Orchard』

【Today's Topics!】 サイダー界の救世主を自負するHAWKS こちらUrban Orchardはフラッグシップで、 最初のバッチはリンゴを提供してくれたリンゴ農家さんにプレゼントしたそう ロンドンで栽培された数種類の品種のリンゴを独自ブレンド 色は非常に鮮やかな…

フランス発!固定概念を打ち砕く、特別な【ビール】をアナタへ☆『LA BRASSERIE DES VOIRONS Cuvée Speciale』

【Today`s Topics!】 先日の店頭試飲会でも大好評! フランス・ローヌ・サヴォアにある山あいの小さな村『リュサンジュ』 ヴォアロン山の中腹斜面、澄んだ空気の中に位置する醸造所『ヴォアロン』 エビアンの採水地にも程近く 雨や雪が地層によって歳月をか…

ガス圧も調整可能!【ビールサーバー付きグラウラー】NIGHT OWL初登場♪『GROWLER WORKS Ukeg』

【Today's Topics!】 クラフトビールの聖地! アメリカ・オレゴン州ポートランドのグラウラーメーカー 『グラウラーワークス』より 待望のガス圧を調整可能なサーバー付きグラウラー 『ユーケグ』がNIGHT OWLへ遂に登場!! ガスの圧力をメーターで常時確認…

TAP⑤開栓:カルヴァドス樽熟成シードル、好評につき再び__。『DUPONT Cidre Cuvée Réserve 2017』

【Today`s Topic!】 フランス・ノルマンディー『デュポン』 家族経営で3代に渡り≪シードル≫と≪カルヴァドス≫を生産 『ワインと同様に手間を掛ければ、同様の品質を持ったシードルを造る事が出来る』 をモットーに作り続ける彼らより 時期をずらし収穫された…